コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ティアマト ティアマト Tiamat

2件 の用語解説(ティアマトの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ティアマト(Tiamat)

バビロニアの創造神話における、原初の海を人格化した神。マルドゥク神によって殺されると、そのからだから世界が生まれる。エヌマエリシュ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ティアマト

古代バビロニアの原初的神格,女性的混沌(こんとん)の象徴。同じく男性的混沌の象徴たるアプスの配偶神。世界創造叙事詩エヌマ・エリシュ》においては悪竜の姿で魔軍を率いて神々の軍勢と戦い,マルドゥクに裂かれ,その死体から天と地とが作られたという。
→関連項目エヌマ・エリシュ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内のティアマトの言及

【目∥眼】より

…なお,《アメン・ラー讃歌》にはアメンの都市テーベが〈全土の目〉〈アトゥム神の聖眼〉〈ラー神の目〉とたたえられている。他方,バビロニアの天地創造物語《エヌマ・エリシュ》によれば,女神ティアマトの両眼はユーフラテス川とティグリス川の源となった。 北欧神話の主神オーディンは片目である。…

※「ティアマト」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ティアマトの関連キーワードウルバビロニアバビロンバビロン捕囚マルドゥクバビロン第一王朝ハムラビエヌマエリシュカルデア新バビロニア王国

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ティアマトの関連情報