ティチナ(読み)てぃちな(英語表記)Павло Григорьевич ТычинаPavlo Grigor'evich Tïchina

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ティチナ
てぃちな
Павло Григорьевич Тычина Pavlo Grigor'evich Tchina
(1891―1967)

ウクライナの詩人。トゥイチナともいう。農民の出身で神学校に学ぶ。1912年詩壇に登場。『鋤(すき)』(1920)、『ウクライナからの風』(1924)、『はがねとやさしさ』(1941)その他の詩集で民衆の心と民族間の友情を歌った。旧ソ連各民族詩の翻訳や文芸評論、社会評論も行い、またM・バジャンとともにウクライナ国歌を作詞した。[沢崎洋子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

イオ・ミン ペイ

国籍米国専門建築家肩書I・Mペイ&パートナーズ社代表 米国芸術科学アカデミー会員生年月日1917/4/26出生地中国・広東省学歴マサチューセッツ工科大学(MIT)卒;ハーバード大学デザイン大学院修士課...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android