ティチノ[川](英語表記)Ticino

世界大百科事典 第2版の解説

ティチノ[川]【Ticino】

スイス,イタリアを流れる川で,ポー川の支流。フランス語ではテッサンTessin。全長248km。スイスのザンクト・ゴットハルト峠付近に発し,マジョーレ湖北端に注ぎ,再び湖の南端から出て,ロンバルディアの平野をうるおしながら,パビアの南東でポー川に合流する。夏と冬とで流量の差がきわめて大きいアルプス型の河川である。下流部では多くの運河がひかれ,航行および農業灌漑に利用されてきた。【萩原 愛一】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android