コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ティプ・スルターン Tipu Sultān

世界大百科事典 第2版の解説

ティプ・スルターン【Tipu Sultān】

1753‐99
インド,マイソールセリンガパタムを拠点とする小王国のムスリム支配者。1782年父王ハイダル・アーリーの死によって即位し,ニザーム(藩王),マラーター勢力と領土支配をめぐって抗争した。また,イギリス東インド会社ともマイソール戦争を3次・4次にわたって続け,フランスの支援を得るためにモーリシャスやフランス本国まで使節を送ったが失敗した。99年,第4次マイソール戦争において敗北,戦死した。この後,イギリスは本格的な南インド支配を開始した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のティプ・スルターンの言及

【マイソール戦争】より

…アングロ・マイソール戦争とも呼ばれる。南インドの植民地化をねらうイギリス東インド会社軍と,それに抗したマイソール王国のムスリム支配者ハイダル・アーリー,ティプ・スルターン父子との間で続けられた戦争。1767‐69年,80‐84年,90‐92年,99年の4次にわたる戦争の結果,ティプの敗北によってイギリスの南インド支配が決定的となった。…

※「ティプ・スルターン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android