コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マイソール(英語表記)Mysore

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マイソール
Mysore

インド南西部,カルナータカ州南部の商工業都市。マイソール県の行政庁所在地。バンガロール南西約 125km,カウベリ川と,その支流カバニ川にはさまれた丘陵上,標高 770mに位置。 1610年マイソール藩王国が成立し,その首都として栄えた。 1799年第4次マイソール戦争に敗れてからは,イギリス支配のもとで行政中心地となったが,1831年行政中心地はバンガロールに移った。州南部の商工業中心地で,綿・絹織物白檀細工,白檀油で知られ,特に手織物,象牙・金属細工,木彫が有名。ほかに精米,搾油,化学,皮なめしなどの工業がある。工業用電力は東部シバサムドラムの水力発電で供給される。周辺ではタバコ,コーヒーを栽培。インド=イスラム風のマハーラージャ王宮 (1897) をはじめ史跡が多く,広い街路と公園の多い静かな町。マイソール大学および多数の単科大学がある。 19km北西にクリシュナゴダバリダム,東方のソムナートには 13世紀のヒンドゥー寺院がある。人口 48万6 (1991) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

マイソール(Mysore)

インド南部、カルナータカ州の都市。デカン高原南部に位置する。イスラム教徒のマイソール王国が北約10キロメートルにあるシュリーランガパトナを都として栄えたが、18世紀末反英戦争に敗れ、英国の支配下に入り、インド独立まで藩王国の都が置かれた。毎年9月末から10月初めにかけて催されるダシャラー祭が有名。マイスール

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

マイソール

インド南部のカルナータカ州南端部,西ガーツ山脈中の都市。特産の香木細工のほか,絹織物,象牙(ぞうげ)細工などの手工業が盛ん。北西郊のカーベーリ川に大人造湖とダムがある。1610年マイソール王国の都。17世紀にマイソール戦争でイギリスに敗れ,その保護下にマイソール藩王国として再興された。同国の宮殿はインド・イスラム様式の代表。ヒンドゥー教の巡礼地でもあり,観光地としても著名。大学(1916年創立)がある。99万1000人(2011)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マイソール【Mysore】

インド南部,カルナータカ州南端部の都市。旧マイソール藩王国の主都。人口48万1000(1991),大都市域人口65万3000(1991)。標高約770mのデカン高原最南端部のカーベーリ川上流域にある。熱帯高地特有の快適な常春の気候に恵まれ,年降水量も810mmと少なく半乾燥気候に属する。かつてチャームンダー神(シバ神の妃ドゥルガーと同じ)が,ここを支配していた水牛の頭をもつ魔神マヒシャを退治したという伝承があり,地名はそれにちなむマヒシャブール(〈水牛の町〉の意)に由来する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

マイソール【Mysore】

インド南部、デカン高原の都市。綿工業が盛ん。藩王国時代の宮殿や離宮がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報