コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マイソール マイソール Mysore

5件 の用語解説(マイソールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マイソール
マイソール
Mysore

インド南西部,カルナータカ州南部の商工業都市。マイソール県の行政庁所在地バンガロール南西約 125km,カウベリ川と,その支流カバニ川にはさまれた丘陵上,標高 770mに位置。 1610年マイソール藩王国が成立し,その首都として栄えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

マイソール(Mysore)

インド南部、カルナータカ州の都市。デカン高原南部に位置する。イスラム教徒マイソール王国が北約10キロメートルにあるシュリーランガパトナを都として栄えたが、18世紀末反英戦争に敗れ、英国の支配下に入り、インド独立まで藩王国の都が置かれた。毎年9月末から10月初めにかけて催されるダシャラー祭が有名。マイスール

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

マイソール

インド南部のカルナータカ州南端部,西ガーツ山脈中の都市。特産の香木細工のほか,絹織物,象牙(ぞうげ)細工などの手工業が盛ん。北西郊のカーベーリ川に大人造湖とダムがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

マイソール【Mysore】

インド南部,カルナータカ州南端部の都市。旧マイソール藩王国の主都。人口48万1000(1991),大都市域人口65万3000(1991)。標高約770mのデカン高原最南端部のカーベーリ川上流域にある。熱帯高地特有の快適な常春の気候に恵まれ,年降水量も810mmと少なく半乾燥気候に属する。かつてチャームンダー神(シバ神の妃ドゥルガーと同じ)が,ここを支配していた水牛の頭をもつ魔神マヒシャを退治したという伝承があり,地名はそれにちなむマヒシャブール(〈水牛の町〉の意)に由来する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

マイソール【Mysore】

インド南部、デカン高原の都市。綿工業が盛ん。藩王国時代の宮殿や離宮がある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マイソールの関連キーワードカルナータカ戦争グルバルガビジャープルマドゥライムンドゥカルナータカ音楽ベンガルールカルナータカスカルナープラフブリ・ダールワール

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マイソールの関連情報