コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニザーム ニザーム Nizām

3件 の用語解説(ニザームの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニザーム
ニザーム
Nizām

支配あるいは支配者という意味のアラビア語であるが,インド史では特にハイデラバード王国の王号として使用された。ハイデラバード王国は,1724年にムガル帝国から独立してデカン高原に建設されたが,その創始者がムガル皇帝からニザームル・ムルク Nizām al-Mulkの称号を与えられたので,歴代の王はニザームを称した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ニザーム【niẓām】

本来はアラビア語で〈統治〉を意味したが,ニザーム・アルムルクniẓām al‐mulk(〈国の統治者〉の意)という称号は,インドムガル帝国時代,最高の地位にあるもの,宰相などに与えられた。とくに,アウラングゼーブ(在位1658‐1707)時代後期,デカンの統治をまかされたアーサフ・ジャーĀṣaf Jāhはその称号を与えられ,のちデカンがハイダラーバード藩王国として事実上ムガルから独立すると,その支配者は代々ニザームの称号をみずからにつけた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ニザーム
にざーむ
Nim

独立前のインド南部にあったハイデラバード藩王国の世襲君主の称号。ムガル朝下のデカン地方長官アーサフ・ジャー(1671―1748)が1713年に与えられたニザーム・アルムルク(「王国の統治者」の意)の称に由来するもので、彼は1724年にムガル朝から事実上独立した王国ハイデラバードを創建した。イギリスの南インド侵略の過程で、強大な隣国マイソールマラータ連合に脅威を感じていた第4代ニザームは1798年にイギリスとの軍事保護条約を受け入れ、事実上その支配下に入った。最後のニザームは1911年に即位したミール・ウスマーン・アリー・カーンで、独立インドが1948年に軍事行動によってこの藩王国をインドに併合し、これとともにニザームの地位も消滅した。[内藤雅雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ニザームの関連キーワードアラビア文字アラブ人ルブアルハーリー砂漠ヒジャーブアラビア糊アラビストアルブフェイラアインスクナイスラム神秘主義アラビア科学

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone