コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マラーター

世界大百科事典 第2版の解説

マラーター【Marāṭhā】

インド西部マハーラーシュトラ地方住民のこと。一般には次の三つの異なった意味で使用される。同地方の外部からはマラーティー語を母語とする人々の総称として用いられ,地方内では最大の単一カースト集団の呼称である。またシバージーを開祖とし17世紀後半からこの地を中心に勢力を拡大した一大ヒンドゥー王国の名称としても使われる。最も普通には第2のマラーター・カーストを意味し,これに関して,かつて旧ボンベイ州の広範な社会調査を行い《ボンベイの部族とカーストThe Tribes and Castes of Bombay》(3巻,1920‐22)を著したR.E.エンソーベンは,それを(1)シバージー自身のサブ・カースト(カーストがさらに細分化したもの)で,王侯,将軍,地主を中心とした〈真正マラーター〉,(2)耕作農民かつ一般兵士の〈クンビー〉,(3)園芸師,壺作師など12の職人カースト(いわゆるバーラーバルート)に3分類している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のマラーターの言及

【マハーラーシュトラ[州]】より

…州都はボンベイ(ムンバイー)。州名は〈マラーターの国〉の意で,歴史地名としてはデカン高原北西部のうち,ゴーダーバリー川上流域とクリシュナー川上流域との間の地帯をいう。歴史は古く,前1~後3世紀のサータバーハナ朝,8~10世紀のラーシュトラクータ朝,12~14世紀のカーカティーヤ朝,14~16世紀のバフマニー朝などは,いずれもここを根拠地とした。…

※「マラーター」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone