コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マイソール戦争 マイソールせんそうAnglo-Mysore War

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マイソール戦争
マイソールせんそう
Anglo-Mysore War

18世紀後半,4度にわたってインドマイソール藩王国とイギリス植民地軍との間で戦われた戦争。 1767~69年にイギリスがマラータハイデラバードと組んでハイダル・アリーの率いるマイソールと戦い,講和したのを第1次戦争として,第2次 (1780~84) ,第3次 (90~92) ,第4次 (99) と戦争と講和が繰返された。その間,82年にはハイダル・アリーが没し,その子ティプ・スルターンが王位についていたが,99年第4次戦争にマイソールは最終的に敗北し,ティプは戦死した。イギリスに対して連合して戦うことのできなかったインドの諸勢力はこのように各個撃破され,イギリス植民地支配の前に屈服させられていった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

マイソール戦争【マイソールせんそう】

18世紀後半,インド南部を支配していたイスラム系のマイソール王国イギリス東インド会社との間で行われた4次(1767年―1769年,1780年―1784年,1790年―1792年,1799年)にわたる戦争。
→関連項目インド帝国

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マイソールせんそう【マイソール戦争】

アングロ・マイソール戦争とも呼ばれる。南インドの植民地化をねらうイギリス東インド会社軍と,それに抗したマイソール王国のムスリム支配者ハイダル・アーリー,ティプ・スルターン父子との間で続けられた戦争。1767‐69年,80‐84年,90‐92年,99年の4次にわたる戦争の結果,ティプの敗北によってイギリスの南インド支配が決定的となった。 カルナータカ戦争ののち,南インドでは,ハイダラーバードのニザームマラーター同盟,マイソール王国の土着勢力が三つ巴となって覇を競い,他方,イギリス,フランス両植民地支配勢力は土着勢力と複雑な同盟関係を結びつつしのぎを削っていた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マイソール戦争
まいそーるせんそう

1767~99年の間、インドのマイソールMysore王国とイギリス東インド会社との間で戦われた4回(1767~69年、1780~84年、1790~92年、1799年)の戦争。18世紀後半マイソールはハイダル・アリー統治のもとで領土を拡大し、南インドの強大国として、ハイデラバードのニザム、マラータ同盟、カルナータカ戦争の勝利者イギリス東インド会社と対峙(たいじ)していた。このようなマイソール勢力を危険視した東インド会社は、巧みにマラータやニザムと手を組み、再々マイソールへ侵略した。それに対してマイソール側も会社勢力を敵視し、反英反植民地闘争を展開した。しかしこの一貫したイギリスへの抵抗はマラータやニザムなど土着勢力から支持されなかった。1767年ハイダル・アリーのとき開始された戦いも、第二次戦争中の病死で息子ティプに引き継がれたが、その孤立化は戦局には不利で、99年ティプの戦死でマイソール側の完敗に終わった。イギリスはこの戦いで南インド支配を揺るぎないものにした。[上條安規子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のマイソール戦争の言及

【ティプ・スルターン】より

…1782年父王ハイダル・アーリーの死によって即位し,ニザーム(藩王),マラーター勢力と領土支配をめぐって抗争した。また,イギリス東インド会社ともマイソール戦争を3次・4次にわたって続け,フランスの支援を得るためにモーリシャスやフランス本国まで使節を送ったが失敗した。99年,第4次マイソール戦争において敗北,戦死した。…

※「マイソール戦争」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

マイソール戦争の関連キーワードウェリントン(Arthur Wellesley 1st Duke of Wellington)マンロー(Sir Thomas Munro、軍人、行政官)ヘースティングズ(Warren Hastings)ハイデラバード王国スリランガパトナムティプー・スルタンヘースティングズカルナータカ州コーンウォリスセリンガパタムウェルズリーマンロー

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android