ティルクラル(読み)てぃるくらる(英語表記)Tirukkural

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ティルクラル
てぃるくらる
Tirukkural

インドのタミル文学の精華、タミルベーダともいわれる箴言(しんげん)集の代表作。5世紀のティルバッルバルの作とされる。インド人の人生の大目的である法(解脱(げだつ)は法のなかに)、財、愛に関する1330頌(しょう)のクラル(短い詩節)よりなり、教訓、格言が収められている。ティルバッルバルは、南インドの低い階級の間で働く宗教家たちの称号であったようである。[田中敏雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android