精華(読み)せいか

精選版 日本国語大辞典「精華」の解説

せい‐か ‥クヮ【精華】

〘名〙
① すぐれていて美しくはなやかなこと。菁華。光彩。
※経国集(827)序「重輪之光、精華彌盛」
② 最もすぐれているもの。真価となるべきところ。真髄。ほんもの。正味。精。
※随筆・文会雑記(1782)三「詩は李干鱗などの中体をきはめて朝夕諷詠、其精華を奪べし」
※経国美談(1883‐84)〈矢野龍渓〉後「天下達眼の士より之れを見ば却て文苑の精華を増益するの観あらん」 〔楚辞‐九歎・惜賢〕
③ 亜鉛、硫黄など金属元素、非金属元素の粉末や微結晶。〔厚生新編(1811‐39頃)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「精華」の解説

せい‐か〔‐クワ〕【精華】

そのものの本質をなす、最もすぐれている点。真髄。「近代文学の精華
美しくて華やかなこと。光彩

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android