精華(読み)せいか

精選版 日本国語大辞典「精華」の解説

せい‐か ‥クヮ【精華】

〘名〙
① すぐれていて美しくはなやかなこと。菁華。光彩
※経国集(827)序「重輪之光、華彌盛」
② 最もすぐれているもの。真価となるべきところ。真髄。ほんもの。正味。精。
※随筆・文会雑記(1782)三「詩は李干鱗などの中体をきはめて朝夕諷詠、其精華を奪べし」
経国美談(1883‐84)〈矢野龍渓〉後「天下達眼の士より之れを見ば却て文苑の精華を増益するの観あらん」 〔楚辞‐九歎・惜賢〕
③ 亜鉛、硫黄など金属元素、非金属元素の粉末や微結晶。〔厚生新編(1811‐39頃)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「精華」の解説

せい‐か〔‐クワ〕【精華】

そのものの本質をなす、最もすぐれている点。真髄。「近代文学精華
美しくて華やかなこと。光彩。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「精華」の解説

【精華】せいか(くわ)

。〔梁書、文学上、肩吾伝〕時に謝康樂(霊運)・裴鴻臚(松之)のに效(なら)ふり。~謝客は吐(とげん)天拔、自然に出づ。~裴氏は乃ち是れ良なるも、(つひ)に什の美無し。是れ謝を學ぶを爲せば、則ち其の(いた)らず、~裴を師とせば、則ち其の長ずるを蔑(べつぜつ)す。

字通「精」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android