コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テオス Teōs

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テオス
Teōs

小アジア西岸のイオニアの古代都市。ディオニュソス殿および劇場の廃虚が残っている。アケメネス朝ペルシアに征服されるまでは隆盛であったが,その後多くの市民はトラキアアブデラ植民市へ逃れ,ローマ時代に再び栄えた。抒情詩人アナクレオンの生地。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

テオスの関連キーワード仮面ライダーメテオ/メテオストームプトレマイオス12世アウレテスアンティオコス(2世)ティモテオス[1世]ルドルフ パンビッツガルシア・ロブレス仮面ライダーメテオアンチオコス2世ディモルフォセカアリストフォン続・荒野の七人十二使徒の教えブリュアクシスマウソレイオンヘルモゲネスエピダウロスギリシア文学イソクラテスマウソレウムパンビッツ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android