コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テオトコス Theotokos; Mother of God

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テオトコス
Theotokos; Mother of God

「神の母」の意。聖母マリア尊称ギリシア正教会では生神母という。キリストにおいて神性とキリストの人間性とが,唯一の神の第2位,聖子ペルソナによって結合していることを認める教義から演繹され,人間キリストの母マリアは,同時に神なるキリストの母でもあるとするもの。ネストリウスはキリストにおいて神人両性を分離する立場からこれを拒否,クリストトコス Christotokos (キリストの母) と改めることを主張したが,キュリロスらによる猛烈な反対を受け,エフェソス公会議 (431) もテオトコスを正式名称と認めた。のちにこの名称は西方教会にも普及したが,特に東方のキリスト教世界では大きな役割を果し,聖像画家は好んで画材とした。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

テオトコス【Theotokos[ギリシア]】

〈神を生んだ者〉〈神の母〉を意味する聖母マリアの尊称。日本の正教会では〈生神女(しようしんじよ)〉と訳す。3世紀のギリシア教父オリゲネスに用例が見え,東方では早くから定着していた。5世紀前半のコンスタンティノープル主教ネストリウスが,この尊称はキリストの完全な人性の教義を危うくするとして反対したため,大問題となった。ネストリウスは代りに〈クリストトコスChristotokos〉(〈キリストの母〉の意)を提案したが,一般には受けいれられなかった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のテオトコスの言及

【エフェソス公会議】より

…第3回公会議にあたり,皇帝テオドシウス2世が招集した。コンスタンティノープル主教ネストリウスは,キリストにおける神性と人性の区別を明確にすべきだと主張し,聖母マリアへの〈テオトコス〉(〈神の母〉の意)の尊称に反対した。それに対しアレクサンドリア主教キュリロスらが強く反発し,教会政治上の思惑もからんで論争問題となっていた。…

【キュリロス[アレクサンドリアの]】より

…412年,叔父テオフィロスの後任としてアレクサンドリア主教に就任,さまざまな異端および異教との強引な闘争を推進した。430年代の終り,コンスタンティノープル主教ネストリウスが,キリストにおける神性と人性の区別を明確にするため,当時広く行われていた聖母の尊称〈テオトコス(神の母)〉を排斥したとき,キュリロスはそれにはげしく反発し,エフェソス公会議(431)においてネストリウスを異端として罷免させた。これにはコンスタンティノープル教会に対するアレクサンドリア教会の反目,神学上のアンティオキア学派(ネストリウスが属す)に対するアレクサンドリア学派の敵意といった政治的要因が優先した。…

【グレゴリオス[ニュッサの]】より

…三位一体論に関して,アタナシオスの神学においても混同のあった〈ウシア(本質)〉と〈ヒュポスタシス(位格)〉をはっきり区別し,今日に伝わる一本質三位格の神論を確立した。キリスト論について,受肉はマリアの胎内で行われるがゆえに,マリアは真の〈テオトコス(神の母)〉であるとした。終末論についてはオリゲネスの影響が著しい。…

【聖母子】より

…崇拝や祈願の対象として,説話的場面から独立した表現がとられる。5世紀に神の母テオトコスとしてのマリアが教義的に公認されてのち,急速に普及した。最も古い例ではすでにプリシラPriscillaのカタコンベ(ローマ)にみられるが,初期キリスト教美術では5世紀以来,マリアの神性を強調し,もっぱら不動で厳粛な《玉座の聖母子》として表現された。…

【ネストリウス】より

…皇帝テオドシウス2世によってコンスタンティノープル主教に任じられ,首都の教会の代表として聖職者の規律を引きしめ,異端の撲滅にのりだした。ネストリウスの意を受けた司祭アナスタシオスAnastasiosが,当時ひろく行われていた聖母マリアの尊称〈テオトコス(神の母)〉に反対する説教を行い,キリスト教世界全体に大きな衝撃を与え,論争が始まった。ネストリウスは,キリストにおける神性と人性の区分を明確にするために,〈テオトコス〉の尊称がキリストの完全な人性を損うとしてこれを退けたわけだが,一般には聖母に対する冒瀆と受けとられた。…

【マリア】より

…旧約聖書にはモーセとアロンの姉妹の名として出てくるし(《出エジプト記》15:20),新約聖書でもマリアの名をもつ人物はマグダラのマリア以下何人もいるが,一般にマリアといえばイエス・キリストの母,いわゆる聖母を指す。東方では4世紀以降,とくに431年のエフェソス公会議以降テオトコス(〈神を生んだ者〉の意)と呼ばれることが多く,他にパナギアPanagia(〈至聖なる女〉の意),メテル・テウMētēr Theou(〈神の母〉の意。と略す)などと呼び,マリアということはむしろ少ない。…

※「テオトコス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

テオトコスの関連キーワードダフニ修道院群、オシオスサンタ・マリア・マッジョーレ教会キュリロス[アレクサンドリアの]キュリロス[アレクサンドリア]マドンナ(聖母マリア)ギリシア十字式聖堂フェティエモスクビザンチン建築位格的結合聖母子

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android