コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テオドシウス朝 テオドシウスちょう Theodosius

1件 の用語解説(テオドシウス朝の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

テオドシウスちょう【テオドシウス朝 Theodosius】

ローマ皇帝テオドシウス1世の死(395)後,帝国東部ではアルカディウス帝を経てテオドシウス2世の死(450)まで,西部ではホノリウス帝を経てウァレンティニアヌス3世の死(455)までをいう。王朝理念を正統性の根拠として幼少帝が続いたため,統治の実権はほとんど宮廷役人や武将に握られた。この時期,法制的にはローマ帝国はなお一つだが,東・西両帝国の様相は相違性を強め,特にゲルマン諸族の相次ぐ侵入を受けた西部の衰勢は著しかった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

テオドシウス朝の関連キーワードアルカディウスエフェソス公会議オドアケルテオドラデキウス西ローマ帝国ヒッポドロームテオドシウスサンパオロフォーリレムーラ大聖堂テオドシウスの城壁

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone