テオロギア(英語表記)theologia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「テオロギア」の解説

テオロギア
theologia

ギリシア語で「神々についての物語」の。「神学theology語源。この語を初めて用いたのはプラトンであり,テオロギアは神 theosの本来の姿を示すべきものとする視点から,ホメロスヘシオドスの神々の世界の描写が批判されている。またアリストテレスはいわゆるフュシオロゴイ (自然学者) と対比してヘシオドスらをテオロゴイと呼んで哲学的思索とテオロギアを区別した。彼において神学とは「存在としての存在」一般と,その原理と原因を研究する第一哲学であった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android