コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テオロギア theologia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テオロギア
theologia

ギリシア語で「神々についての物語」の意。「神学」 theologyの語源。この語を初めて用いたのはプラトンであり,テオロギアは神 theosの本来の姿を示すべきものとする視点から,ホメロスやヘシオドスの神々の世界の描写が批判されている。またアリストテレスはいわゆるフュシオロゴイ (自然学者) と対比してヘシオドスらをテオロゴイと呼んで哲学的思索とテオロギアを区別した。彼において神学とは「存在としての存在」一般と,その原理と原因を研究する第一哲学であった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

テオロギアの関連キーワードトマス・アクィナス組織神学

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android