テグム(大【きん】)(読み)テグム

百科事典マイペディア「テグム(大【きん】)」の解説

テグム(大【きん】)【テグム】

朝鮮半島の長い横笛。指孔が六つ,管端に調律および装飾用の七星孔が五つ。また指孔と歌口吹口)との間に芦の内側薄皮を張った清孔があり,そのため独特な音がする。指孔とかなり大きな歌口を巧みに扱うことで,微妙な音高の変化ができる。シナウィサンジョー散調)に用いられる民俗音楽用のものは,宮廷音楽用のものよりやや短い。チョッテとも。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android