コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歌口 ウタグチ

3件 の用語解説(歌口の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うた‐ぐち【歌口】

笛・尺八などの管楽器で、口を当てて吹く穴。
和歌をじょうずに詠むこと。また、その人。
和歌の詠みぶり。
「稽古も―もおなじ程の人の」〈ささめごと

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

うたぐち【歌口】

笛・尺八などの管楽器で、唇を当てて息を吹き込むところ。吹き口。金管楽器のマウスピース・吹管にあたる。
和歌の詠みぶり。 「稽古も-も同じ程の人の/ささめごと」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

歌口
うたぐち

管楽器の部分名称。本来歌口とは、和歌の詠みぶり、あるいは和歌を上手に詠むことの意であるが、日本の笛に対しても古くから使われており、文献上は17世紀の天理本狂言『吹取(ふきとり)』、『日葡(にっぽ)辞書』(1603)、浄瑠璃(じょうるり)『牛若千人斬(ぎり)・二』(1679)などに記述がみられる。今日では一般にマウスピースmouthpiece(フランス語でembouchure、ドイツ語でMundstck)の訳語として使われているが、口の使い方によって分類すると次のように説明される。
(1)唇全体をあてる場合。トランペットのようなリップリード楽器や笙(しょう)のようなフリーリード楽器では、いわゆるマウスピースが歌口となり、それを吹管(すいかん)、口管ともいう。
(2)下唇のみをあてる場合。横笛や縦笛では、下唇のあたる部分とエッジの設けられている部分を歌口とし、吹口(ふきぐち)ともよぶ。フルート、尺八などがその代表例。
(3)くわえる場合。リード楽器のうち、クラリネットではリードとベックをあわせた部分、篳篥(ひちりき)やファゴットではリード自体。リコーダーのようなホイッスルフルートでは、くわえた吹口の部分を歌口とするほかに、エッジの設けられた小窓を歌口とする解釈もある。[川口明子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の歌口の言及

【金管楽器】より

…音色に関して,長さの割に太目の管は音も太くて柔らかく,細目なら明るくて鋭い。唇を働きやすくするため入口に装着する歌口(マウスピース。図2)も音色への影響が大きい。…

【笛】より

…これを指してエア・リードなどという。楽器自体は一端(頭部)を閉じた1本の管であって,閉端に近い管壁を切り込んで歌口(うたぐち)という穴をあけてあり,歌口の縁の一部は鋭いナイフ・エッジになっている。歌口のエッジに向けて吹きつける気流の諸条件(流速,断面形,角度等々)がととのえば,気流はエッジの両側(歌口の内外)へと急速にゆれ動くようになり,笛は鳴るのである。…

※「歌口」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

歌口の関連キーワード楽器管楽器洞簫糸竹管楽閉管琴管連吹き吹口

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

歌口の関連情報