コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テナントクリーク Tennant Creek

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テナントクリーク
Tennant Creek

オーストラリア,ノーザンテリトリー中央部の町。その起源は大陸縦断電信線の中継地 (1872) にさかのぼるが,1930年代の金採掘,50年代以来の銅採掘で発展。ダーウィンからアリススプリングズおよびマウントアイザへ向う幹線道路の分岐点に近い。人口 3478 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

テナントクリークの関連キーワードノーザン・テリトリーノーザン・テリトリーオーストラリアタナミ砂漠

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android