コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テネブロージ tenebrosi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テネブロージ
tenebrosi

美術用語。テネブリズム tenebrismともいう。 P.カラバッジオの作品における強い,劇的な明暗の対比に影響を受けた画家たちをさすイタリア語。その画風は 17世紀のスペイン,イタリア,オランダのユトレヒトの画家たちの作品にしばしばみられるものであり,またフランスでは G.ラ・トゥール,スペインでは J.リベラの作品にもみられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のテネブロージの言及

【明暗法】より

…続くバロック期には,以上のすべての要素を総合して〈明暗様式〉と呼ばれる独自の様式が生まれ,閉ざされた室内に強烈な光線(〈地下室光線〉と呼ぶ)を当てて表現力を強める手法が好まれた。代表的な画家はカラバッジョとG.deラ・トゥールで,彼らとその影響を強く受けた画家たちは〈テネブロージtenebrosi〉あるいは〈リュミニストluministes〉と呼ばれ,全ヨーロッパ的流行を生んだ。その芸術的頂点がオランダのフェルメールとレンブラントである。…

※「テネブロージ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

テネブロージの関連キーワードテトリー

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android