テネル(英語表記)Tønder

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テネル
Tønder

デンマーク南部,南ユランス県の都市。ユラン半島,ドイツとの国境にのぞみ,税関がおかれている。平坦地に位置し,商業,交通の中心。 13世紀からの歴史をもち,1864~1920年はドイツ領であった。 17~19世紀にはレース製作業が繁栄。自動車,醸造食肉加工,マーガリン製造を中心とした工場がある。人口1万 2542 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

テネルの関連情報