テヘラン国立考古博物館(読み)テヘランこくりつこうこはくぶつかん(英語表記)National Archaeological Museum of Teheran

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テヘラン国立考古博物館
テヘランこくりつこうこはくぶつかん
National Archaeological Museum of Teheran

イラン,テヘランにある博物館。イラン・バスタン博物館 Muzech Iran Bastanともいう。 1917年創設。 26年にマッスード宮「鏡の間」に移されたのち,37年に現在の建物 (フランスの A.ゴダール設計) に移転された。先史時代,各王朝時代,イスラム時代のきわめてすぐれた遺物を収蔵。スーサ出土の彩文土器,ペルセポリス出土の『ダリウス王謁見の浮彫』,シャミー神殿出土の青銅製『パルティア貴人立像』,イスラム時代のミニアチュールなどのほか,正倉院宝物と同じササン・ガラスのカットグラス碗が展示されており,東西文明の交流を示すものとして興味深い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android