コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正倉院宝物 しょうそういんほうもつ

2件 の用語解説(正倉院宝物の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

正倉院宝物
しょうそういんほうもつ

東大寺正倉院に保管される宝物。天平勝宝8 (756) 年6月 21日聖武天皇の 49日忌に,光明皇后によって献納された天皇遺愛品 600点余を母体とし,これに平安時代の天暦4 (950) 年に東大寺羂索院の倉から移納された寺の什器類などを加え,約 9000点が3倉に分納されていた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

正倉院宝物

756年に営まれた聖武天皇の七七忌(四十九日)にあたり、光明皇后が大仏にささげた天皇の遺愛品六百数十点が起源。東大寺の正倉院宝庫に納められたが、薬物が治療用に使われたり、大量の武器が藤原仲麻呂(恵美押硝の乱(764年)で持ち出されたりした。庫内に現存する宝物は約9千点で、1884(明治17)年から国が管理している。

(2010-10-26 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

正倉院宝物の関連キーワード大聖武藤原宮子冠位授刀衛神武天皇祭梵網会瓶原信楽宮周防国分寺東金堂

正倉院宝物の関連情報