テュイルリー宮殿(読み)テュイルリーきゅうでん(英語表記)Palais des Tuileries

旺文社世界史事典 三訂版の解説

パリのルーヴル宮殿に連結した王宮
16〜17世紀にかけて建築が進み,ルイ14世のときに完成。絶対君主の居城であるとともに,美の殿堂の観を呈した。その後,王はヴェルサイユに居城を移したが,フランス革命の際,ルイ16世はここへつれもどされ,1792年8月(8月10日事件)には民衆襲撃を受けた。その後増改築が行われたが,パリコミューンの際に焼け,その一部を失った。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android