コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

焼け ヤケ

デジタル大辞泉の解説

やけ【焼け】

焼けること。焼けたもの。「丸焼け」「日焼け
日の出前と日没後に、空が赤く見えること。「朝焼け」「夕焼け
硫化鉱物、特に黄鉄鉱に富む鉱床の露出部分。黄鉄鉱が褐鉄鉱になって褐色または暗褐色を呈し、焼けたように見える。
(接尾語的に用いて)日焼けすること。また、日焼けの跡についてもいう。「ゴルフ焼け

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

焼け【やけ】

鉱床の地表に露出している部分で,酸素・炭酸ガスなどを溶かした地表水・地下水の作用を受けて酸化その他の変化を受けているもの。金属硫化物は酸化物や炭酸塩などに変わり,特に鉄の硫化物は褐鉄鉱に変わっている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

岩石学辞典の解説

焼け

硫化鉱物とくに黄鉄鉱に富む鉱床露頭.この部分は褐鉄鉱が存在するため褐色または暗褐色となり,物が焼けたような外観を呈する.この語は英国コーンウォール地方語で,細胞状(cellular)の褐鉄鉱と脈石の酸化された露頭で,多くの鉱体の上に横たわるものをいう[Bateman : 1952].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

やけ【焼け】

焼けること。また、焼けたように色の変わること、またそのもの。 「丸-」 「朝-」 「此前-の時なんぞは/洒落本・南門鼠」
黄鉄鉱などの硫化鉱物を含む鉱床の地上に露出した部分。酸化して暗褐色に焼けたように見える。
焼けて損傷した貨幣。額面どおりには通用しない。焼け金。 「 -をお前にあげるものかね/歌舞伎・小袖曽我」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

焼けの関連キーワード焼け木杭に火が付くアイアンキャップクエマドス灰燼に帰す灰土に帰す焼け焦げ煙になる小袖曽我焼け棒杭焼け残る鍛冶屋箸焼け付く褐色木炭焼け火箸焼け野原凍結焼け焼け残り焼け誇り冷凍焼けさしすぎ

焼けの関連情報