焼け(読み)ヤケ

デジタル大辞泉の解説

焼けること。焼けたもの。「丸焼け」「日焼け
日の出前と日没後に、空が赤く見えること。「朝焼け」「夕焼け
硫化鉱物、特に黄鉄鉱に富む鉱床の露出部分。黄鉄鉱が褐鉄鉱になって褐色または暗褐色を呈し、焼けたように見える。
(接尾語的に用いて)日焼けすること。また、日焼けの跡についてもいう。「ゴルフ焼け

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

鉱床の地表に露出している部分で,酸素・炭酸ガスなどを溶かした地表水・地下水の作用を受けて酸化その他の変化を受けているもの。金属硫化物は酸化物や炭酸塩などに変わり,特に鉄の硫化物は褐鉄鉱に変わっている。地下の鉱床存在の可能性を指示するもので,探鉱の手がかりになる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

岩石学辞典の解説

硫化鉱物とくに黄鉄鉱に富む鉱床の露頭.この部分は褐鉄鉱が存在するため褐色または暗褐色となり,物が焼けたような外観を呈する.この語は英国コーンウォール地方語で,細胞状(cellular)の褐鉄鉱と脈石の酸化された露頭で,多くの鉱体の上に横たわるものをいう[Bateman : 1952].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

焼けの関連情報