コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テュークスベリー テュークスベリーTewkesbury

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テュークスベリー
Tewkesbury

イギリスイングランド南西部,グロスターシャー県北部の町。周辺を含めてテュークスベリー地区を構成する。ブリストルの北北東約 70km,セバーン川とエーボン川の合流点に位置する。美しい聖メアリー聖堂(1123献堂)がある古い市場町で,1471年5月4日,バラ戦争の重要な戦い,テュークスベリーの戦いが行なわれたところとして有名。古くから織物工業が発展し,ウィリアム・シェークスピアの時代には芥子の特産地として知られた。製粉,機械,ボート建造などの工業が立地するほか,流れのゆるやかなエーボン川でボート遊びや魚釣りが楽しめるため,行楽地ともなっている。市内には中世の建物が多数保存されている。地区面積 414km2。地区人口 8万1943(2011)。都市人口 1万704(2011)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

テュークスベリーの関連キーワードハンティンドン(伯家)バーネットの戦いリチャード3世チューダー朝グリーン

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

テュークスベリーの関連情報