テラピム(英語表記)Teraphim

翻訳|teraphim

世界大百科事典 第2版の解説

テラピム【Teraphim】

旧約聖書で言及されている,家の礼拝に用いられた家族神の神像。イスラエル人も土地定着時代にはこれを用い(《士師記》17:5),サウルの娘ミカルの部屋にもあった(《サムエル記》19:13)。後代のヤハウェ主義者たちはその使用を偶像崇拝として非難した。族長物語では,ヤコブの妻ラケルがその父ラバンの家からテラピムを盗み出して,ラクダの下に隠したという(《創世記》31)。ヌジ出土文書から財産相続権とのかかわりが推測される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アラビックヤマト

ヤマト株式会社の液状のりのブランド名。1975年発売。スポンジキャップと速乾性が特徴。スタンダードのほか、先がカーブしている「エル」、太・細塗りが出来る「ツイン」、スポンジ部分を下にして置ける「さかだ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android