コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テラピム Teraphim

翻訳|Teraphim

1件 の用語解説(テラピムの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

テラピム【Teraphim】

旧約聖書で言及されている,家の礼拝に用いられた家族神の神像。イスラエル人も土地定着時代にはこれを用い(《士師記》17:5),サウルの娘ミカルの部屋にもあった(《サムエル記》19:13)。後代のヤハウェ主義者たちはその使用を偶像崇拝として非難した。族長物語では,ヤコブの妻ラケルがその父ラバンの家からテラピムを盗み出して,ラクダの鞍の下に隠したという(《創世記》31)。ヌジ出土文書から財産相続権とのかかわりが推測される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone