コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テラピム Teraphim

翻訳|Teraphim

世界大百科事典 第2版の解説

テラピム【Teraphim】

旧約聖書で言及されている,家の礼拝に用いられた家族神の神像イスラエル人も土地定着時代にはこれを用い(《士師記》17:5),サウルの娘ミカルの部屋にもあった(《サムエル記》19:13)。後代のヤハウェ主義者たちはその使用を偶像崇拝として非難した。族長物語では,ヤコブの妻ラケルがその父ラバンの家からテラピムを盗み出して,ラクダの鞍の下に隠したという(《創世記》31)。ヌジ出土文書から財産相続権とのかかわりが推測される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

テラピムの関連キーワード旧約聖書

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android