テル・ゼロール(英語表記)Tell Zeror

世界大百科事典 第2版の解説

テル・ゼロール【Tell Zeror】

イスラエル,シャロン平野北部にある古代都市遺跡。古代の〈海の道via maris〉と,海岸からサマリアに至る道の交点付近に位置している。テルはひょうたん形を呈し,比高約10m。面積は約4ha。トトメス3世年代記中の一,二の都市に比定するも出されているが,確定されていない。1964年から66年までの間と,74年に,大畠清らが発掘調査を行い,中期青銅器時代から中世におよぶ22層を識別した。最古の町は規模の点で最も大きく,中期青銅器時代第II期後半に年代づけられ,ヒクソス風の,堡塁を備えた城壁によって固められている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android