コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テレンチウス Terentius Afer, Publius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テレンチウス
Terentius Afer, Publius

[生]前185頃.カルタゴ
[没]前159頃
ローマの喜劇作家。奴隷としてローマに送られ,元老院議員テレンチウス・ルカヌスの家で教育を受けて解放され,才能を認められてスキピオのサークルなどから保護と助言を受けて劇作に従事。作品は『アンドロスの女』 Andria,『ヘキュラ』 Hecyra,『自虐漢』 Heautontimorumenos,『去勢奴隷』 Eunuchus,『フォルミオー』 Phormio,『兄弟』 Adelphiの6編 (前 166~160上演) で,すべて現存。ギリシア新喜劇,特にメナンドロスに範をとったが,プラウツスとは異なり上品軽妙で,教養ある上流階級の趣味に合っていた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

テレンチウスの関連キーワードロスウィータ・フォン・ガンデルスハイムウァレリウス・プロブスサトゥルヌス詩体カンネーの戦いツルピリウススエトニウスアフラニウスパリアタ劇ローマ演劇ドナトゥスセドリースキピオコロス喜劇

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android