テレンプ

精選版 日本国語大辞典「テレンプ」の解説

テレンプ

〘名〙 (張地用の毛織物の一種、モケットをいうオランダ語 trijp の転か) パイル織物の一つ。パイルの経(たていと)にモヘヤ梳毛糸を使ったもの。椅子張地などに用いる。
※滑稽本・早変胸機関(1810)「トキニ先生のお羽織は失礼ながら何か奇妙なものでごっすな、ハハア、てれん布(プ)、ヘヘエ蘭物(らんぶつ)かな」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android