コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テワカン Tehuacán

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テワカン
Tehuacán

メキシコ中部,プエブラ州南東部の都市。メキシコ市の南東約 220km,東マドレ山脈南部山中のテワカン谷にあり,標高約 1700m。メキシコにおける最古のスペイン人入植地の一つで,1540年建設。現在周辺の農業地帯の中心地として,トウモロコシ,豆類,小麦,アルファルファ,オレンジ,ブドウ,ザクロ,家畜などを集散,加工するほか,ミネラル・ウォーターの生産で知られ,瓶詰にされた鉱泉水がメキシコ全土に出荷される。酒類製造も盛ん。近くに銀と鉛の鉱山がある。風光と気候に恵まれ,植民地時代の建物も保存されており,また近くには洞窟遺跡もあるため,観光・保養地としても知られる。人口 15万 5174 (1990推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

テワカンの関連キーワードメソアメリカ文明アメリカ古期文化トウモロコシ農耕テワカン遺跡サボテンヒユ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android