コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テングノシャモジ(天狗の杓文字) テングノシャモジTrichoglossum rotundiforme

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テングノシャモジ(天狗の杓文字)
テングノシャモジ
Trichoglossum rotundiforme

子嚢菌類ビョウタケ目テングノメシガイ科。秋に林下に生じ,高さ4~6cmの小型のキノコ。子実体は黒く肉質で, 2mmばかりの円柱形の柄部と,その頂の径 10~13mm,厚さ 1.5mmほどの円盤状の頭部より成る。この頭部の全面に子実層が発達し,先が太くなりやや湾曲した側糸と長紡錘形の子嚢を生じる。また暗褐色長短いろいろの刺毛も散生し,子実層の表面に突出する。胞子線形,褐色で3~5有節。日本特産とされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android