コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

側糸 そくしparaphysis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

側糸
そくし
paraphysis

褐藻類の遊走子嚢,子嚢菌類の子嚢の間に,それらの生殖嚢と並んで生じる糸状の細胞。ときには棍棒状,分枝型,掌状,楯型のものなどあり,分類の重要な特徴とされる。また,コケ類,シダ類の胞子嚢中に同様の構造を示すものがあり,同じく側糸と呼ぶ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の側糸の言及

【毛】より

…細胞が1列に並んだ毛のほかに,分枝のみられる星状毛や,細胞が平面的に並んだ鱗片scaleも毛の一種である。毛の類型化はいろいろの基準によって行われ,形状から刺毛,鉤毛(こうもう),絨毛(じゆうもう),綿毛,剛毛,棘毛(きよくもう),囊状毛,星状毛,鱗毛,乳頭突起など,性質や働きから腺毛,粘毛,根毛,吸収毛,散布毛,側糸,感触毛などが分類される。 毛の働きは一様ではないが,植物体の保護の役目を果たすことが多い。…

※「側糸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

側糸の関連キーワードテングノシャモジ(天狗の杓文字)フンタマカビ(糞玉黴)ズキンタケ(頭巾茸)ノキシノブ(軒忍)ウラジロ(裏白)タキミシダアツイタ胞子嚢群シダ植物盤菌類褐藻類裸子器包膜鞭毛

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android