コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テンニンカ(天人花) テンニンカRhodomyrtus tomentosa; down martle

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テンニンカ(天人花)
テンニンカ
Rhodomyrtus tomentosa; down martle

フトモモ科の常緑低木。琉球列島から台湾,アジア熱帯に分布する。茎はよく分枝し,枝や葉をはじめ全体に白い毛でおおわれる。葉は対生して短い柄があり,長楕円形で質が厚く,表面は縦に走る3本の葉脈が目立つ。夏に,葉腋から花梗を出し,分枝した先端に径 2cmほどの5弁の白花をつける。多数の紅色おしべが美しく,観賞用に温室で栽培される。果実は長さ2~5cmの楕円形で紫褐色に熟し,多汁甘みがあり食用とされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android