コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フトモモ科 フトモモか Myrtaceae

2件 の用語解説(フトモモ科の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フトモモ科
フトモモか
Myrtaceae

双子葉植物フトモモ目の1科。主として亜熱帯,熱帯に分布する高木または低木。南アメリカオーストラリアに分布の中心がある。約 100属 3000種があり,葉は互生または対生する。花には管状に発達した萼筒をもつものが多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フトモモ科
ふとももか
[学]Myrtaceae

双子葉植物、離弁花類。常緑高木または低木。葉は対生し、革質で鋸歯(きょし)はなく、油細胞がある。花は両性で放射相称。花床は筒となり、子房と合着する。萼片(がくへん)、花弁ともに4、5枚であるが、合着して蓋(ふた)となって落ち、中の雄しべが現れるもの(ユーカリノキ)もある。雄しべは多数。子房は下位。果実は(さくか)または肉質の花床に包まれる閉果。おもに熱帯、亜熱帯に分布し、オーストラリア、南アメリカに多い。日本にはフトモモ属2種、オオフトモモ属1種が野生し、バンジロウ属、ユーカリ属、ネズモドキ属、カユプテ属などが栽培される。[山崎 敬]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フトモモ科の関連キーワード双子葉植物単子葉植物被子植物主根禾本科合弁花類浜菱網状脈双子葉類ピタンガ

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フトモモ科の関連情報