コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ディグリーデー degree-day

翻訳|degree-day

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ディグリーデー
degree-day

暖房や冷房のための電力使用量の目安にするためにつくられた気温の積算値。度日ともいう。日平均気温が,暖房の場合は基準温度(14℃)以下の日について,冷房の場合は基準温度(24℃)以上の日について,その差を 1年間積算したもの。それぞれ暖房ディグリーデー,冷房ディグリーデーという。暖房の場合,東京で 1000,長野で 2000,札幌で 2700程度。冷房の場合,那覇で 200,大阪で 200,東京で 60程度。融雪量や植物生育推定にも利用される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ディグリーデー【degree-day】

積算温度の単位の一。一日の平均気温と、ある標準温度との差を表す。一定期間積算した値が、燃料消費量や植物の生育状況の目安などに用いられる。度日。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ディグリーデーの関連キーワード標準温度積算温度単位

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android