那覇(読み)なは

精選版 日本国語大辞典「那覇」の解説

なは【那覇】

沖縄県沖縄島南部の地名。県庁所在地東シナ海に面する。琉球王国の首都首里外港として発展。慶長一四年(一六〇九)琉球が薩摩藩属国となり、対中国貿易のみに限定されて衰えた。明治一二年(一八七九)沖縄県の設置とともに県庁所在地となる。大正一〇年(一九二一市制。第二次世界大戦後は琉球政府・アメリカ民政府の所在地となり、昭和二九年(一九五四)には首里市を合併。同四七年(一九七二)日本復帰とともに沖縄県の県庁所在地となる。泡盛(あわもり)・紅型(びんがた)・琉球がすりなどを特産。那覇港・那覇空港などがあり、玉陵(たまおどん)・波上宮・崇元寺跡・園比屋武御嶽(そのひやんうたき)・守礼門などがある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「那覇」の解説

なは【那覇】

沖縄県、沖縄島南西部の市。県庁所在地。琉球王都の首里しゅりの外港として発展。第二次大戦後は、昭和47年(1972)の沖縄返還までアメリカ軍政の中心地。壺屋焼紅型びんがたなどを特産。昭和29年(1954)首里市を、昭和32年(1957)真和志まわし市を編入。人口31.6万(2010)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

猛暑日

日最高気温が 35℃以上の日。気象庁では 2007年4月から定義し使用を始めた。おもな都市の平年値(1981~2010)は,稚内 0日,札幌 0日,仙台 1日,新潟 3日,東京 3日,名古屋 12日,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android