コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

那覇 ナハ

デジタル大辞泉の解説

なは【那覇】

沖縄県、沖縄島南西部の市。県庁所在地琉球王都の首里(しゅり)の外港として発展。第二次大戦後は、昭和47年(1972)の沖縄返還までアメリカ軍政の中心地壺屋焼紅型(びんがた)などを特産。昭和29年(1954)首里市を、昭和32年(1957)真和志(まわし)市を編入。人口31.6万(2010)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

なは【那覇】

沖縄県、沖縄島南部、東シナ海に面する市。県庁所在地。王城のあった首里を合併、県の行政・政治・文化の中心地。琉球王朝時代から貿易港として発展。伝統産業に紅型びんがた・壺屋焼・漆器・泡盛などがある。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

那覇の関連キーワード沖縄県那覇市首里久場川町沖縄県那覇市首里真和志町沖縄県那覇市首里大名町沖縄県那覇市首里儀保町沖縄県那覇市首里大中町沖縄県那覇市首里池端町沖縄県那覇市首里赤平町沖縄県那覇市首里石嶺町沖縄県那覇市首里寒川町沖縄県那覇市首里鳥堀町沖縄県那覇市首里山川町沖縄県那覇市首里桃原町沖縄県那覇市首里汀良町沖縄県那覇市首里赤田町沖縄県那覇市首里平良町沖縄県那覇市首里崎山町沖縄県那覇市奥武山町沖縄県那覇市宇栄原沖縄県那覇市上之屋沖縄県那覇市山下町

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

那覇の関連情報