那覇(読み)なは

精選版 日本国語大辞典「那覇」の解説

なは【那覇】

沖縄県沖縄島南部の地名。県庁所在地東シナ海に面する。琉球王国の首都首里外港として発展。慶長一四年(一六〇九)琉球が薩摩藩の属国となり、対中国貿易のみに限定されて衰えた。明治一二年(一八七九)沖縄県の設置とともに県庁所在地となる。大正一〇年(一九二一)市制。第二次世界大戦後は琉球政府・アメリカ民政府の所在地となり、昭和二九年(一九五四)には首里市を合併。同四七年(一九七二)日本復帰とともに沖縄県の県庁所在地となる。泡盛(あわもり)・紅型(びんがた)・琉球がすりなどを特産。那覇港・那覇空港などがあり、玉陵(たまおどん)・波上宮・崇元寺跡・園比屋武御嶽(そのひやんうたき)・守礼門などがある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「那覇」の解説

なは【那覇】

沖縄県、沖縄島南西部の市。県庁所在地。琉球王都の首里(しゅり)の外港として発展。第二次大戦後は、昭和47年(1972)の沖縄返還までアメリカ軍政の中心地。壺屋焼紅型(びんがた)などを特産。昭和29年(1954)首里市を、昭和32年(1957)真和志(まわし)市を編入。人口31.6万(2010)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

亡命

政治的,思想的,宗教的,人種的,民族的相違などから,迫害などの身の危険を回避するために本国から逃亡し,外国に庇護を求める行為をいう。教会および国家の支配層による弾圧を逃れてアメリカに渡った非国教徒たる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android