コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ディジェリドゥー

1件 の用語解説(ディジェリドゥーの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ディジェリドゥー

オーストラリア先住民族アボリジニー)のトランペット属の木管楽器ユーカリの大枝の一端に穴をあけ,そこに白蟻をいれて芯を食べさせて作る。長さは一般的には1〜1.5m。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内のディジェリドゥーの言及

【オーストラリア】より

… 歌の伴奏として使われる楽器とその用法は地域によって異なるが,リズム棒や狩猟用具でもある木製のブーメランのような単純な打楽器,そして手拍子や身体を打つ音などで踊りのリズムを強調する。堅い木に白蟻が孔をあけた木製の長いトランペット(またはドローン・パイプ)であるディジェリドゥーdidjeriduは,北部にのみ演奏され,専門的な訓練を要求される複雑な演奏技法により,明確なリズムをもった低音の連続音が出される。さらに,成人式を受けた男性のみの秘密の儀式で,ブル・ロアラー(うなり木)なども用いられるが,これらの楽器は超自然的な存在,またその声を表すといわれている。…

※「ディジェリドゥー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ディジェリドゥーの関連キーワードオーストラリア区オーストラリア諸語ブーメランウルルアボリジニーオーストラリア亜区オーストラリアンバロットスカルソープ:ソナチネ/piano solo

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone