白蟻(読み)シロアリ

  • しらあり
  • はくぎ
  • 白×蟻
  • 白蟻 (シロアリ)

デジタル大辞泉の解説

シロアリ目の昆虫の総称。系統的にはゴキブリに近縁。不完全変態をする。体長3.5~7.5ミリ、柔軟で乳白色。社会性昆虫の一つで、女王アリ・王アリ・働きアリ兵アリの階級がある。木材を食い、家屋などに大害を与える。ヤマトシロアリ・イエシロアリなど。等翅(とうし)類。 夏》
しろあり」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

動物。シロアリ科の昆虫の総称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 シロアリ(等翅)目に属する昆虫の総称。体長三~二五ミリメートルだが、五~一〇ミリメートルの種類が多い。外観はアリに似ているが、アリよりははるかに下等な類で、体色は白、または淡黄色。ふつう、はねはないが、一定の季節にはねのある雌雄が発生する。アリと同様に社会生活を営み、生殖能力のある雌(女王)、雄(王)のほか多数の働きアリ、兵隊アリから構成される。建築物、材、土中などに営巣し、家屋や樹木に大害を与える。ヤマトシロアリ、イエシロアリが代表的で、日本には一六種が分布する。世界に広く分布し、とくに熱帯に多い。しらあり。《季・夏》 〔生物学語彙(1884)〕
〘名〙 しろあり。〔顧况‐諒公洞庭孤橘歌〕
〘名〙 =しろあり(白蟻)〔多識編(1631)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

白蟻の関連情報