コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ディジタイザー

百科事典マイペディアの解説

ディジタイザー

コンピューターに位置を指示するための装置の一種で,盤面上のポインターを動かして位置を入力する。図面を入力するため大型で,位置の検出精度が高いという特徴がある。接触位置を入力位置とするスタイラスペンや,十字マークの交点を入力位置とするカーソルなどの指示装置により入力する。位置検出方式には,電磁誘導方式,静電誘導方式,磁歪方式,超音波方式などがある。同種のものにタブレットがあるが,小型かつ低価格を目指したもので,誘電ゴムシートを重ねた感熱方式や電気抵抗方式等が採用されている。
→関連項目画像処理端末装置

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のディジタイザーの言及

【入出力装置】より

…これらは位置を表示するためのディスプレーと組み合わされることで初めて入力装置として機能する。ディスプレーを使わずに単独で座標や図形を入力するのに使われるのがグラフィックタブレットやディジタイザーである。製図など,大判の用紙への高品質の図形出力が必要な場合は,プロッターが使用される。…

※「ディジタイザー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ディジタイザーの関連キーワード図形入出力装置

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android