コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ディスコネクト/リコネクト でぃすこねくと/りこねくと

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ディスコネクト/リコネクト

SCSIのコマンドの中には、処理に時間がかかるものも含まれている。こうした処理を行なう際に、コマンドを受け取ったターゲットが、他のSCSIデバイスがSCSIバスを利用できるように、自らをSCSIバスから切り離す動作をディスコネクトと呼ぶ(ディスコネクトすることでSCSIバスはバスフリーフェーズとなる)。そして、コマンド処理が終了したら、アービトレーションフェーズでバス占有権を得て、リセレクションフェーズでイニシエータを獲得(リコネクト)し、データフェーズもしくはステータスフェーズへと移行する。 このような処理を行なうことで、SCSIバスの使用効率が向上し、全体のスループットが改善される。ただし、シングルタスクのDOSでは、最初のコマンドの実行完了をイニシエータがただと待つよりほかなく、無意味である。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

ディスコネクト/リコネクトの関連キーワードFast SCSIPowerBookセットアップシリアルSCSISCSI-2SCSIバスフェーズSCSI IDSCSI-3Wide SCSISCSISCSI-1

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android