スループット

  • throughput

パソコンで困ったときに開く本の解説

一定の時間内に処理される情報量を指します。パソコン内部でのデータ転送速度やブロードバンドの通信速度などを示すのに使われます。通信のスループットは、ビットレート(bps)で表されます。
⇨トラフィック、ビットレート

出典 (株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について 情報

大辞林 第三版の解説

入力から出力までを含めたコンピューターシステムの総合的な処理能力。コンピューターが一定時間に処理できる仕事量、あるいは要する時間。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コンピュータシステムが単位時間に処理する仕事の量をいう。したがって,中央処理装置周辺装置などシステムの各種の要素ができるだけ有効に使われるように,ハードウエア,ソフトウエア両面からシステム計画を立てる必要がある。これに対して,コンピュータに問題を与えてからを得るまでの時間をスループット時間といい,コンピュータの能力を評価する一つの尺度として用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コンピュータやネットワーク回線の単位時間当りの処理能力。コンピュータの場合であれば、単位時間内に処理できる計算量(作業量)を表す。データ処理の場合、CPU(中央処理装置)の処理能力だけではなく、関連部品や周辺機器、ソフトウェアなどを含めた、システム全体としての処理能力のことで、ユーザーからみたコンピュータシステムのパフォーマンスを表している。ネットワーク回線におけるスループットとは、単位時間当りのデータ転送量などで処理できる情報量を表し、ネットワーク回線やルーターの性能を表すときに使われる。いずれも数値が高いほど高機能といえる。
 なお、スループットには理論上の最大処理能力を意味する「理論スループット」と、処理するデータの選び方や環境などにより導き出される実際的な「実効スループット」の2種類がある。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

オーナー商法

物品や権利を消費者に販売すると同時にその物品・権利を事業者が預かり、生産・運用・レンタル・管理・保管などの利殖の高さをうたって資金を集める商法。見かけ上は購入者が物品・権利のオーナーとなるため、こうよ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android