コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ディバイン George Alexander Cassady Devine

世界大百科事典 第2版の解説

ディバイン【George Alexander Cassady Devine】

1910‐65
イギリスの演出家,俳優。オックスフォード在学中から演劇活動に熱中。最初はおもに俳優として仕事をしていたが,しだいに演出に向かい,1946年から52年にかけては,演出家ショーGlen Byam Shaw,フランス出身の演出家サン・ドニMichel Jacques Saint‐Denisとともにオールド・ビックに拠って芸術的演劇の制作に努めた。同時に,オールド・ビックの実験的部門ヤング・ビックの責任者,オールド・ビック付属演劇学校の教師でもあった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のディバインの言及

【イングリッシュ・ステージ・カンパニー】より

…イギリスの演劇団体。1955年,演出家ジョージ・ディバインが中心となって,内外の新しい劇,とりわけ商業劇場で上演されにくい作品を紹介することをおもな目的として結成され,ロンドンのチェルシー地区にあるローヤル・コート劇場を本拠として翌年公演活動を始めた。この年の演目の一つであった無名の新人ジョン・オズボーンの《怒りをこめてふり返れ》は,イギリス演劇革新運動のきっかけとなった。…

※「ディバイン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ディバインの関連キーワードイングリッシュ・ステージ・カンパニーロイヤル・コート劇場エドワード ボンドピンク・フラミンゴ吉田美保桝谷裕

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ディバインの関連情報