コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ディプティコン ディプティコンdiptychon; diptych

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ディプティコン
diptychon; diptych

中央で折りたためるように,ちょうつがいで留めた2枚の板。木,象牙,金属製などがある。本来は帝政ローマの執政官が就任記念の贈り物として用いたもので,象牙製で外側に彫刻を施し,内側に文字を書いた。製作年代が明らかであるため美術史上重要。4世紀以後キリスト教の祭式用に,また聖書のおおいとしても用いられた。中世以後,内側に宗教的画像を描き,携帯用の祭壇画として用いることが一般的となった。中世の初め頃はローマ時代のディプティコンを改造したものが多いが,13世紀頃より外側の装飾を省いて内側にのみ絵を描いた木製のものが多く作られ,祭壇背後に立てられた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android