ディミトラ テオドッシュウ(英語表記)Dimitra Theodossiou

現代外国人名録2012の解説

ディミトラ テオドッシュウ
Dimitra Theodossiou


国籍
ギリシャ

専門
ソプラノ歌手

出身地
ギリシャ

経歴
父はギリシャ人、母はドイツ人。父の経営する貿易会社を継ぐつもりで大学では経営学を学ぶが、オペラ歌手に憧れ、ミュンヘンの音楽大学に入り直す。1994年ヴィオッティ国際コンクール第1位など国際声楽コンクールを数多く制覇。’95年アテネのオペラハウスで「椿姫」のヴィオレッタを歌ってオペラデビュー。’99年「アッティラ」でボローニャとパルマにデビュー。2000年ミラノ・スカラ座デビュー。“マリア・カラスの再来”と呼ばれる。当たり役のヴィオレッタは、デビュー以来200回以上になる。2001年6月「椿姫」で日本デビュー。2007年プラハ国立歌劇場「椿姫」公演で来日。2011年ボローニャ歌劇場日本公演「エルナーニ」に出演。

受賞
ヴィオッティ国際音楽コンクール第1位〔1994年〕

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android