憧れ(読み)アコガレ

デジタル大辞泉「憧れ」の解説

あこがれ【憧れ/憬れ】

あこがれること。理想とする物事に強く心が引かれること。憧憬(どうけい・しょうけい)。「―をいだく」「未知への―」「―のまと」
[補説]書名別項。→あこがれ

あこがれ[書名]

石川啄木の第1詩集。明治38年(1905)、小田島書房より刊行上田敏序詩を寄せ、与謝野鉄幹跋文(ばつぶん)を書いた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android