コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

再来 サイライ

デジタル大辞泉の解説

さい‐らい【再来】

[名](スル)
過去にあったのと同じ事柄・状態がまた起こること。「平和な時代が再来する」
一度死んだ人が再びこの世に生まれ出ること。生まれ変わり。「キリストの再来といわれる人」

さ‐らい【再来】

[語素]週・年月などを表す語の上に付いて、次の次の、翌々という意を表す。
[補説]「日(にち)」には、「明後(みょうご)」を用いる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さいらい【再来】

( 名 ) スル
また来ること。また現れること。 「一〇年前の黄金時代が-する」
一度死んだ人がまた生まれてくること。また、ある人の生まれ変わりだと思わせるような人。 「芭蕉の-といわれる」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

再来の関連情報