ディモルフォドン(英語表記)Dimorphodon

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ディモルフォドン」の解説

ディモルフォドン
Dimorphodon

ジュラ紀前期にヨーロッパに生息していた爬虫類翼竜目 (→翼竜類 ) の一属。翼長 1.6m,体長 1m,頭骨 22cm。頭が軽く,脳は発達が悪く原始的である。顎の歯は,大きな歯が前顎骨に,小さなとがった歯が顎骨にみられる。大きな歯が比較的間隔広く配列し,その間に密集して小さい歯が多数ある。骨盤が小さく,座骨と恥骨は板のようである。ペリカンのように大きな気管嚢と強い首をもっていたが,飛行能力はのちの時代の翼竜ほどはない。地面をやっと歩くことができたらしいという足跡化石も発見されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android