コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

恥骨 ちこつpubic bone

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

恥骨
ちこつ
pubic bone

寛骨の前下部骨盤を構成する骨。左右の骨は正中線で線維軟骨板をはさんで連結しており,この部分を恥骨結合という。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ち‐こつ【恥骨】

骨盤を構成する骨の一。寛骨の前下部に左右一対あり、恥骨結合によって中央でつながる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

恥骨【ちこつ】

骨盤の前下部をつくる骨。左右1対。成人ではそれぞれ腸骨座骨と癒合して寛骨をつくる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ちこつ【恥骨】

骨盤を形成する寛骨の前方下部を占める骨。左右の恥骨が会合する部分を恥骨結合という。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

恥骨
ちこつ

骨盤の前下部に位置する左右1対の骨で、正中部で恥骨結合により連絡している。恥骨を恥骨体、恥骨上枝、恥骨下枝の3部に区分する。恥骨体の外側部は寛骨臼(かんこつきゅう)(股関節窩(こかんせつか))の壁の構成に参加し、寛骨臼面の5分の1を占めている。恥骨体の内側面は小骨盤壁を構成している。恥骨体から内側方へ正中線部まで三角柱状に伸びているのが恥骨上枝で、左右の恥骨上枝はそれぞれの内側端の卵形状の関節面で結合して、恥骨結合を形成している。この結合面には線維性軟骨がある。恥骨上枝は骨盤閉鎖孔の周囲の上縁になっている。恥骨下枝は恥骨上枝の内側端からやはり三角柱状で下方に伸び、閉鎖孔の周囲に沿って下縁をつくるように屈曲して、坐骨(ざこつ)枝に移行する。恥骨結合の位置は、女性のほうが男性よりも低い。また、左右の恥骨下枝によって形成される恥骨弓の下縁の恥骨下角は、女性のほうが男性よりも広く、丸みをもち、鈍角をなしているのが特徴である。恥骨結合は最小の可動性があり、これが女子では出産に役だっている。なお、仙骨体(岬角(こうかく))の尖端(せんたん)と恥骨結合上縁とを結んだ線を真結合線とよんでいる。[嶋井和世]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の恥骨の言及

【骨盤】より

… 四足動物になると,後肢が地上で体を支えることと関連して腰の骨格ががんじょうになった。そしてかならず腸骨・恥骨・坐(座)骨という3種の骨が片側の骨盤(これを寛骨という)を構成するようになる。寛骨の背方部は腸骨,腹方前部は恥骨,腹方後部は坐骨で占められ,中央部でこれら3骨が合するところの外側面に深いくぼみ(寛骨臼)があって,ここに後肢の基部骨格である大腿骨の骨端がはまりこんで関節する。…

※「恥骨」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

恥骨の関連キーワードバーソロミューの1/4法則ベッカー‐レンホフ指数バルトロメオ四半期法則マクドナルド法則セグノサウルスレンホッフ指数TVT手術寛骨・臗骨鼠径靭帯臍下丹田子宮底長鳥盤類比胴長錐体筋海綿体鼠蹊部鼠径部下肢帯閉鎖孔竜盤類

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

恥骨の関連情報