コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ディラックの宇宙論 Dirac's theory of universe

1件 の用語解説(ディラックの宇宙論の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

ディラックの宇宙論【Dirac's theory of universe】

宇宙の半径 RU,全質量 MU,宇宙構造を支配する重力の強さを定める重力定数 G などの「宇宙的な物質量」と,プランク定数*h,電子の電荷 e,電子や陽子の質量 mpme,などのミクロな物理量の間には次のような数量的関係がある.

ディラックはこの関係は偶然のものではなくて,宇宙的量でもって物理法則が支配されているものと考えた.したがって膨張宇宙では RU が時間的に変化するのだから,ほかの量も時間的に変化していると推論したのである.つまり,宇宙の諸法則が過去においては現在と異なった物理法則が支配していたことになる.大数仮説*呼ばれることもある.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ディラックの宇宙論の関連キーワード宇宙進化論宇宙の地平線宇宙の構造形成アインシュタイン宇宙宇宙空間コスミック大宇宙熱い暗黒物質宇宙の地平面冷たい暗黒物質

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone