コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ディラックの宇宙論 Dirac's theory of universe

1件 の用語解説(ディラックの宇宙論の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

ディラックの宇宙論【Dirac's theory of universe】

宇宙の半径 RU,全質量 MU,宇宙構造を支配する重力の強さを定める重力定数 G などの「宇宙的な物質量」と,プランク定数*h,電子の電荷 e,電子や陽子の質量 mpme,などのミクロな物理量の間には次のような数量的関係がある.

ディラックはこの関係は偶然のものではなくて,宇宙的量でもって物理法則が支配されているものと考えた.したがって膨張宇宙では RU が時間的に変化するのだから,ほかの量も時間的に変化していると推論したのである.つまり,宇宙の諸法則が過去においては現在と異なった物理法則が支配していたことになる.大数仮説*呼ばれることもある.

出典|朝倉書店
法則の辞典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone