ディープ・ブルー(読み)でぃーぷぶるー(英語表記)Deep Blue

翻訳|Deep Blue

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ディープ・ブルー
でぃーぷぶるー
Deep Blue

IBMが開発した、チェスの指し手を計算する専用スーパーコンピュータの名称。チェス世界チャンピオンであったカスパロフGarry Kimovich Kasparov(1963― )に勝ったことで注目を集めた。
 ディープ・ブルーとカスパロフは1996年と1997年に、6ゲームマッチで対戦した。ディープ・ブルーは1996年はフィラデルフィアで1勝3敗2分けで敗北したが、1997年5月にニューヨークで開催された再戦では、2勝1敗3分けで勝利した。当時の演算能力としては、1秒間に2億通りの指し手を読む(計算する)ことができたとされている。僅差(きんさ)の勝利に対して、カスパロフからも一般の人々からも再戦を望む声があがったが、IBMはディープ・ブルーの開発プロジェクトを打ち切った。その後、スーパーコンピュータ開発プロジェクトはブルー・ジーンBlue Geneという超並列コンピューティング開発プロジェクトに引き継がれた。ディープ・ブルー本体の一部は、ワシントンDCのスミソニアン博物館アメリカ歴史技術博物館に展示されている。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

COVID-19

2019年末に発生した新型コロナウイルス感染による症状の名称。コロナウイルス(Coronavirus)と病気(Disease)の短縮形に、感染が報告され始めた2019年を組み合わせ、20年2月11日に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android