コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デカルト座標 デカルトざひょうCartesian coordination

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デカルト座標
デカルトざひょう
Cartesian coordination

普通に座標といっているものを,デカルト座標ということがある。一般には斜交座標と同義である。直交座標あるいは直角座標はデカルト座標の特別な場合,すなわち座標軸が互いに直交して座標の単位がすべて等しい場合である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

デカルト‐ざひょう〔‐ザヘウ〕【デカルト座標】

直交座標を含む斜交座標。交わる二つの数直線上の数で、平面上の一点の位置を表す。特に直交座標を指す。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

デカルト座標【デカルトざひょう】

一般に斜交座標をいうが,特にその中の直交座標をいうことが多い。→座標

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デカルト座標の関連キーワード斉次座標移流

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android